弁護士法人 イストワール法律事務所

B型肝炎給付訴訟

破産によらない負債の処理~私的整理のご提案~


当事務所では、多額の負債でお困りの個人や事業者の方を対象に
「破産によらない解決方法」や「民事再生によらない事業再生」を
ご提案しております。

以下のような悩みを持たれている方、ぜひ当事務所にご相談ください。
納得できる解決方法をご提案し、解決までをサポートいたします。
会社の資金繰りに行き詰まり、社員の給料の支払いに遅れが出るかもしれない。 会社は破産状態だが、連帯保証人になってもらった知人(親戚)に迷惑を掛けたくないので、破産することもできない。
個人的にカードローンから借金し、会社の運転資金に充てているが、もう限界である。 会社が行き詰まったので、できれば、クライアントや社員に迷惑を掛けず、会社を立て直し、自分は引退したい。
住宅ローンの滞納が続き競売を迫られている。 浪費家の夫と離婚したが、夫の事業資金融資の際、連帯保証人になってしまったので、離婚後は何とか債務が残らないようにしたい。
自宅を売却して借入を整理したいが、自宅には売却代金では払いきれないほどの複数の抵当権(債務)が付いているので、処分すらできずに困っている。 離婚した夫が借りた住宅ローンの連帯保証人になっていたので、離婚後も保証債務を負っている。
元夫は既に破産しているが、自分は破産したくない。
投資用ワンルームマンションの経営が行き詰まった。賃料が安くなりローンの返済が不能となった。ボーナスもカットされ、間もなく定年を迎えるが、退職金は期待できない。どうすればよいか? 自宅を売却して負債を処理したいが、売却代金では到底返済できないほどの借金が残りそう。また、人生の終焉期に破産はしたくない。
破産した場合、従業員の給料が払えなかったり、取引先に迷惑がかかったりするのではないかと心配だ。 会社経営に行き詰まり自殺した夫の生命保険が入る予定なので、抵当に入った自宅の被担保債務の支払いに充てようとしら、相談した弁護士からは、破産するならそれはできないと止められた。

他の法律事務所との違い

画一的な処理(破産)を押し付けたりしません。

弁護士は一般的に破産を勧めます(処理が画一的で簡単だからかもしれません)。しかし、事業の内容、事業主を取り巻く家族・従業員・取引先等の要素は様々であり、破産処理を避けた方がよいケースもあります。かようなケース毎の諸事情を無視して、破産することを押し付けたりはしません。

可能な限り破産や民事再生を利用しない方法をご提案します。

<事業者の場合>

例えば、破産手続きでは、買掛先の在庫商品(動産先取特権)が保護されず、ある意味不公平な結果となります。また、従業員の未払い給料(労働債権)も全額保護されるわけではありません。私的整理において、これらの債権の支払いを優先することも可能です。さらに、破産手続きでは、申立代理人弁護士への弁護士費用の外、裁判所に納める予納金(ほとんどが管財人の報酬)が必要なので、手続きの費用が高額になりがちです。

<個人の場合>

破産をすれば、20万円以上の資産をすべて吐き出すことになりますが、ケースによっては、これが不合理な結果になる場合もあります。このような場合、債権者との交渉により大幅な減額和解という方法もあります。

事業者の方については、事業の再生を第一主眼とし、総合的にサポートいたします。

事業自体に収益性がある場合、廃業を避け、事業自体を継続することにより従業員を守り、取引先への迷惑を最小限にとどめることが重要です。

もちろん、ご希望の方には、法的な債務整理(破産、民事再生等)も承っております。

破産や民事再生等による処理の方が、依頼者の方やご家族、取引先等にとって、メリットがある場合には、このような処理をお勧めします。

弁護士費用について

ご事情をお伺いしたうえ、お見積りを致します。当然、分割払いも可能です。
なお、不動産の売却が必要となる場合には、弁護士費用は後払いで結構です。

ご相談は無料です

貴方の抱えている問題を整理し、「望ましい解決はこうなります。」と、実現できるであろう最終の決着の「かたち」を描いてみせます。
貴方の家族の生活や事業を守ることを第一に考えます。

代表弁護士 多田浩章より

大丈夫です。何とか知恵を振りしぼって、解決しましょう。当事務所が貴方と一緒に解決の道をさがします。私の指示とアドバイスを理解し、これを信じて私についてきて下さい。

お問い合わせ

電話でお問い合わせくださいメールやFAXによる相談も受け付けております

TEL. 03-3239-8451

イストワール法律事務所
代表弁護士 多田浩章

お問い合わせ時に、弁護士との面談予約をお取りしますので、予めお伝えした資料をご持参のうえ、事務所までお越しください。

FAX. 03-3239-8452

お問い合わせフォーム

受信後、事務局よりご連絡差し上げますので、ご連絡先をご明記ください。
pagetop

お問い合わせ

初回相談は無料にて
お受けしております。

電話・FAXによるお問い合わせ

tel. 03-3239-8451 fax. 03-3239-8452

受付時間 10:00~18:00(月曜~金曜) ※土・日曜、祝祭日定休