弁護士法人 イストワール法律事務所

その他の個人法務に関するご相談

その他の個人法務に関するご相談

離婚・慰謝料請求

  • 離婚請求
  • 財産分与
  • 子に関する問題(親権、養育費)
  • 不倫相手に対する慰謝料請求

家庭問題は、感情の対立が激しく、当事者の話し合いによる解決は困難な場合が多々あります。また、力関係に差があり、不公平な結論が事実上強いられることもあります。
 離婚は人生の再スタートのチャンスですから、投げやりにならず、冷静になって、自分の正当な利益を主張しましょう。
弁護士が代理人として相手方と交渉し,離婚の公正証書作成、慰謝料請求、離婚調停・離婚訴訟の提起を通じて、貴方の再スタートを応援いたします。

交通事故の損害賠償

以下のような疑問や悩みについて、ご相談を受け付けております。

  • 保険会社から示談金の提示があったが、適正な額かどうか分からない。
  • 過失割合について話がまとまらない。
  • 保険会社による後遺障害の有無や等級に不満である。

交通事故の場合,過失割合や損害算定の方法に関しては,ほぼ基準が確立しています。
当事務所では、無料で損害額を査定し、これに基づいて、保険会社と示談交渉を進めるお手伝いをしております。着手金は無料。報酬は成功時のみ、獲得賠償金のから頂戴しております。

相続問題

相続財産・相続人の調査
  • 相続問題の処理には、相続人の特定をする必要がありますが,本籍が不明であったり、法定相続人が多数いる場合には,個人での戸籍謄本等の取り寄せには限界があります。
  • 相続財産の調査についても,預貯金の調査には金融機関等から戸籍謄本等多数の書類を要求されるのが通常です。これらの作業は、相続実務に精通し、職務請求権のある弁護士に依頼するのが安心です。
遺言書の作成、執行
  • 遺言書は,法律で厳格な形式が要求され、内容面についても、遺留分侵害の問題があります。自分の死後,残された家族が無用の争いを行なわないためにも,遺言書作成に当たっては,専門家である弁護士にご相談ください。
  • また、遺言書作成の際,弁護士を遺言執行者として指定しておくと、将来の遺産分割手続がスムーズとなり、安心です。
遺産分割
  • 親族間の問題はドライに処理できず、肉親間であるがゆえ、かえって話がまとまらないということが少なくありません。このような問題は、第三者である弁護士が間に入ることで,冷静に対応でき、法律に精通していることから、妥当な解決案を提案できる可能性があります。
遺留分請求、相続放棄など
  • 遺留分侵害や相続放棄のご相談にも応じています。

過払金の返還請求

平成22年より前の貸金業者からの借入れには、20%を越える利息がついていたことが多く見受けられます。そうした場合、借り手は、利息制限法で決められている年15~20%を超えた利息を支払続けていたことになります。
この払い過ぎた部分の利息については、返済の都度、残っていた借入金から差し引かれ、本当の意味での借入金の金額は減っていくことになります。
そして、利息を何年も払い続けて、払い過ぎの利息分を差し引く借入金もなくなってしまった場合には、払い過ぎた金額を貸金業者に返してもらうことができるようになります。
この請求のことを過払金返還請求といいます。

取引内容によっても異なりますが返済期間がおおむね5年ないし7年以上の場合、過払いの可能性が大きくなります。
この過払金返還請求は、任意整理・破産申立・個人再生申立のいずれの手続をとるときにも行っています。

上記以外の相談も受け付けておりますので、ご気軽にご相談下さい。

pagetop

お問い合わせ

初回相談は無料にて
お受けしております。

電話・FAXによるお問い合わせ

tel. 03-3239-8451 fax. 03-3239-8452

受付時間 10:00~18:00(月曜~金曜) ※土・日曜、祝祭日定休